旧トキオコート(現、TOKIOプロジェクト21)、KCC総研の詐欺師 竹江覺を許さない被害者の会

【氏名・企業名(ふりがな)】竹江総合事務所
【住所】
【電話番号】
【年齢・生年月日】
【性別】
【職業・学校名】旧トキオコート(現、TOKIOプロジェクト21)
【内容】
私はこういう話を知っていますので紹介しておきます。
我々元従業員で被害者は、社債購入と称し竹江から大金を巻上げられ騙されましたが、竹江からだけではなく他にも我々に度々出資を勧めた従業員が複数いました。大体が古株の従業員です。
その元、古株従業員達から私が直接的・間接的に聞いている話を纏めるとこんな感じですよ。
竹江は大体、その古株達にも先ず出資をさせていたようです。ある古株から直接聞いた話ですが、竹江から他の従業員に支払う給与が無いので立替えてくれないかと頼まれたので貸した、と云うのが発端だそうです。その古株さんは想像ながら経営者に近い立場として扱われている様な錯覚に陥っていたかもしれませんね。
そしてその後、返済を要求しても例によって直ぐには金を準備できないのでチョット待ってくれです。間違いありません。
その古株さん達が騙された額は我々の通常?額よりもかなりの額のケースもありますよ。全ての古株がそうとは言いませんが1千万超えですよ。これは私が直接古株さんから聞いた話です。
その古株達(私を騙した古株も含め)も竹江に騙されて失望したでしょうね。金を早く返して貰いたいが竹江はその内返す振りはするが返さない。
返して貰うことを期待して社長の言うことを聞かないと首になっては益々返して貰えないと考えたでしょう。古株詐欺師達も悔しかろう虚しかろうで、ジレンマに陥っていますね。
竹江からは新たに、今度の企業を退職したての新入りから社債の出資話に乗るようにお前からも働き掛けてくれ、お前の経歴ならできるだろう!と言われ、ここは期待に応えておけばその騙した金の一部を自分の出資金の返済分に充てて貰えるかも知れない・・・・・・と期待してしまいますね。
この様に新人(企業の退職金を持っている)をカモにして詐欺師竹江の片棒を古株達に担がせるというシナリオが如実に感じられますよね。竹江のオリジナルのシナリオでしょうか?
詐欺師が詐欺師を生み竹江の詐欺罪を次第に薄めて行く。何と凄いアイデアを思いついたと言うか心底ワルの塊と言うか。
全く竹江覺という男はひどい男ですよね。詐欺師竹江に騙された我々、一緒に悔しがってくれた両親他に本当に申し訳ない気持ちで一杯ですが、何れにせよ竹江覺は人の心を理解できない最低の男ですよ。
どうですか被害者の皆さん。